激報!!11・2桜麗祭

 11月2日に行われた、日大文理学部学園祭「桜麗祭」における日大プロ研の学園祭興行。ここでは、その興行での主な試合を簡単にレポートします。4年生の人にとっては、今回が本物のリングで試合をするのは最後です。悔いのない試合はできたんでしょうか?


 急遽新設された「アナルヘビー級」のベルトを懸けての、みつたけ楽太郎と不二家ポコチンのシングルマッチ。

 インチキファイトの楽太郎と成長著しいポコチンのなんともいえん盛りだくさんの試合であった。

 最後はポコチンがラリアットから初披露のドラゴンスープレックスを決めて見事勝利。初代アナルヘビー級チャンピオンとなった。

世界最強のアナルはどっちだ!!
アナルヘビー級選手権試合(60分1本勝負)
○不二家ポコチン(15分44秒 飛龍原爆固め)みつたけ楽太郎●

アナルヘビー級選手権試合
場外でラリアットの相討ち。なんじゃこりゃ

 ネゲロカサスの引退試合として行われたBWAタッグ選手権試合。ポコチンは本日2試合目である。

 だが試合は予想外の展開へ、セコンドについていたソープ吉原と懲戒力が試合に参加してきたのだ。これを見てネゲロがマイクアピール、「6人タッグで勝負だ」と発言。ハンテン&清水もそれを認め、試合は6人タッグマッチへ。

 壮絶な試合の中、ネゲロが懲戒、清水、ハンテンの順にラリアットを喰らい、フォール負け。引退試合を勝利で飾れなかった。

ネゲロカサス引退試合
BWAタッグ選手権試合(60分1本勝負)
<王者組>
スタンハンテン四号機 OH!清水
(ノーコンテスト)
                  <挑戦者組>
ネゲロカサス 不二家ポコチン
○スタンハンテン四号機 OH!清水 懲戒力
(20分4秒 片エビ固め)
●ネゲロカサス 不二家ポコチン ソープ吉原
※ウエスタンラリアット

ネゲロカサス引退試合
すげえラリアットだ。こりゃ負けるわ

 BWAヘビー級のベルトを懸けてのソクラテス浦野vsアレクサンダー大家。

 最後は大家が、頭と足がくっついてしまうようなステキなジャーマンで見事勝利、新チャンピオンとなった。文理の歴史に残る壮絶な試合であった。

 試合後、大家は「浦野さん本当にありがとうございました」とアピール。だが、留年がすでに決定している浦野は「来年もよろしく」とさわやかに返した。

ソクラテス浦野引退試合
BWAヘビー級選手権試合(60分1本勝負)
<挑戦者>                    <王者>
○アレクサンダー大家(14分58秒 原爆固め)ソクラテス浦野●

ソクラテス浦野引退試合
うひょ〜、すげえブリッジよのお

 文理での学祭としては異例の、非常に盛り上がった大会であった。本当はもっと試合があったのですが、資料がないので省略させてもらいました。申し訳ない。
 奇しくも、ポコチン、ハンテン、大家の3年生がいずれも先輩越えを果たし、BWAに世代交代の流れを感じさせてくれた。時代は常に変わっていくものである・・・・・・。

最初のページに戻る